ナカイキ裏技テクニック

クリトリスオーガスムとは比べ物にならないほど女性に快感と満足感を与える「ナカイキ」。このブログでは女性を狂ったようにナカイキさせるSEXテクニックを紹介していきます。

ナカイキ

ナカイキさせる為の4つのクンニ技

投稿日:

 

ナカイキさせるには膣内を上手く刺激するテクニックがあればいい・・そのように考えていませんか?

でも、それは間違いで、ナカイキさせる為にはイキやすくするために前戯も大切なのです。

特に女性器を舐めて刺激を与えるクンニは重要です。

イク寸前までクンニで気持ちよくさせてから、膣内刺激に移行。

そうする事でよりナカイキしやすくなります。

ですので、今回はナカイキさせる為に役立つクンニ技を4つご紹介します。

 

1.舌を尖らせずに舐める

クリトリスを舐める時、某お笑い芸人のように高速で舐めたり、また舌を尖らせて舐める人が多いと思います。

このやり方を、人から教えてもらったという人もいるかもしれませんし、この方が気持ちよくさせている感じがするからなんとなく実践しているという人もいるかもしれません。

しかし、この舐め方はよくありません。

本当に女性を悦ばしたいのであれば、舌を尖らせず柔らかい面の部分で緩急をつけずに一定のリズムで舐めてあげましょう。

やっている方としてはあまり面白くないかもしれませんが、こっちの方がずっと女性は感じるのです。

 

2.女性の目を見ながらクンニする

女性のアソコを舐めている時は女性の目と合わせるようにしましょう。

恥ずかしがって目線を反らす女の子も多いですが、そこは命令口調で「ちゃんと目を見て!」と言いましょう。

相手がM女なら命令する事で心を擽る事が出来ますし、何より大切なのは見つめあうだけでオキシトシンという愛情ホルモンを分泌させる事が出来るからです。

オキシトシンは女性がオーガズムを迎えるために必要不可欠なホルモンですので、相手を気持ちよくイかせる為にも実践してみて下さい。

 

3.恥丘を攻める

膣やクリトリスを舐めても彼女がなかなか感じてくれないという場合は、恥丘を攻めてみてはいかがでしょうか。

恥丘はアソコの盛り上がり部分の事で、別名「ヴィーナスの丘」とも呼ばれています。

実はクリトリスの根元はこの恥丘の下位まで伸びているので、ここも女性が感じやすい立派な性感帯なのです。

 

4.パンティー越しに舐める

直接アソコを舐めるのもいいですが、パンティー越しに舐めるのも効果的です。

実は女性の中には布と擦れる感じが気持ちいいという理由で、パンティーを履いたままオナニーする人が結構いるのです。

ですので、クンニをする時もあえてパンティーを脱がさずそのまま舐める事で、相手によっては感度が高まったり興奮するケースもあります。

彼女をナカイキさせられなく困っている方へ

-ナカイキ
-,

執筆者:

関連記事

ナカイキに役立つ3つの手マンテクニック

AV男優の真似をしてただ激しく手マンする男性は多いですよね。 しかし、見よう見まねでただやみくもに刺激を与えても、気持ちいいと感じる女性は少ないのが現状です。 逆にナカイキどころか痛みを感じさせて不快 …

演技じゃない!本当にナカイキした時の女性の反応3つ

ナカイキのテクニックを身に着け女性の膣でイかせる事で女性は最上級の快感を得る事が出来ます。 しかし男性の中には 「俺は経験人数も豊富だしペニスも大きいから大丈夫」 「彼女は毎回感じてるし、感想聞いても …

ナカイキさせたいならこれを言え!セックスで役立つ5つの言葉責め

クンニ、愛撫、ピストンのテクニックさえあれば女性をセックスで満足させる事が出来る。 そのように信じている男性もいるかもしれませんが、女性の多くはそのように思っていません。 セックスまでの持って行き方や …

ナカイキさせるのに役立つアイテム5選

ナカイキのやり方をしっかりと身に着ければ、特別な器具やアイテムは必要ありません。 膣開発を行って、正しい手順、正しいテクニックで攻める事により、女性を狂ったように感じさせる事が出来るのです。 ですので …

女性をナカイキさせる4つのメリット

あなたがナカイキのテクニックを身につけると、女性に最上級の快感を与える事が出来るようになります。 ですので、女性にとってナカイキさせてくれる男性とのSEXはメリットがあります。 しかし、男性にとっての …

女性を狂ったようにナカイキさせる膣開発テクニック


女性を淫乱化させ狂ったようにナカイキさせる為の膣内開発テクニックです。

・経験人数は関係なし
・早漏であっても心配無用
・彼女が感じにくい体質でもOK

彼女をセックスに夢中にさせたい、男として最高の優越感を実感したいという方はご参考下さい。

⇒女性を狂ったようにナカイキさせる膣開発テクニックはこちら